赤ちゃんの乾燥肌対策におすすめの保湿剤

お腹のあたりに粉がふいていた

赤ちゃんが9か月になった12月ごろ、お風呂に入れる時にお腹のあたりが白く少し粉がふいたようにかさかさになっていることに気付きました。

 

お腹は普段は見えない部分で、お風呂のときにしか見ないのでもしかしたもっと前から症状は出ていたのかもしれません。

 

お腹以外はきれいで、本人もかゆがったりするなどの症状はありませんでした。

 

私がアトピー性皮膚炎なので、子供の肌の保湿には人一倍気を付けて乾燥しないように保湿剤をかかさず塗っていました。

 

にもかかわらず、突然かさかさになってしまいました。

 

冬になり空気が乾燥していることが原因かと思いましたが、私のアトピーが遺伝してしまっているのかと深く悩みました。

 

保湿をしているつもりでも、足りていなかったのかと後悔しました。

保湿剤と入浴剤でしっかり潤いを補給

小児科の先生に相談したところ、薬を塗るほどでもないのでしっかり保湿剤を塗ってあげてくださいとのことでした。

 

けれど、一日に何度も保湿剤を塗ってもなかなか改善しませんでした。

 

もしかしたら、肌に合わないんじゃないかと思って、インターネットで肌の弱い赤ちゃんにも使える保湿剤はないかと検索してみました。

 

すると、ミルクタイプで伸びが良く、天然由来成分にこだわった低刺激のローションで、新生児にも使えるものを見つけて購入しました。

 

詳しくはコチラ アロベビーミルクローションで赤ちゃんを乾燥から守る!

 

お風呂から出たあとは、しっかりと水気をふきとりすぐにこのミルクローションを塗るようにしました。

 

また、お風呂上り以外でも、かゆそうな仕草をしたときには塗ってあげるように心がけました。

1週間で肌が改善しました

1週間くらい続けていると、白くかさかさだったお腹はすべすべになりました。

 

保湿剤を変えてみただけなので手間をかけることなく乾燥肌の対策ができてよかったです。

 

しかも、アトピーである私を含め家族全員に保湿効果が得られるとことも良いところだと思います。

 

また、香りも自然でほんのりと漂うラベンダーのようないい匂いなので、うちの子も気に入っているようで塗っているマッサージの効果もあってなんだか気持ちよさそうです。

 

体が白くかさかさになってきたのかどうかは、部屋の光の加減などで分かりづらいものです。

 

それで発見が遅れたのかなと思います。

 

冬のお肌はアトピーでなくても乾燥するし、赤ちゃんはデリケートな肌の持ち主だとしっかり意識していればもっとよく体を見ていたのになと反省しています。